ケンセイホーム

ブログ

新年明けまして早くも月末

1月終盤ですが新年無事に明けまして、皆様、本年も宜しくお願い申し上げます。

昨年声高々に断言しました、ブログの更新・・・ジャジャジャーン

幸先の良いスタートが切れました。 と、ほくそ笑む【N】です。

 

静岡は天気も良く、そんなに寒くもない、いいお正月でしたが皆さんは何処かお出かけになりましたか?

私は、小國神社に初詣に行き、大黒様と恵比寿様のお札をもらってきました。

今年は弊社も新しい神棚ができ、大黒様と恵比寿様にうまくやってもらい

 

・・完全に神頼みですが・・・ 

 

良い年になりますようにと願いスタートを切りました。

 

さて、新年初回、何を書こうか考えながら書いていますが(悩)昨年末は1年の回想をしたので、今回は今年の着工予定と、多分これから着工していただけるであろう案件(不安)をご紹介します。

 

今年のケンセイの流行は・・・ながぼそい家と瓦

最初の着工は駿河区の平屋、外壁の色で悩んでいます。

その後、葵区の長細い2世帯、清水区の長細い家と続きます。 

 

皆さんの土地が揃って細長く必然的に長細い家ができあがるので、勝手に今年の流行りにさせていただきます。

 

 

昨年末着工の箱根の別荘も終盤を迎えております。

 

 

本がたくさん置けます。

 

 

かなり置けますが、取り出しも大変です。

 

暖冬のおかげで雪も降らず、順調に作業がすすみ大変助かります。

完成した折には、またお知らせいたします。【N】

2019-01-27 | Posted in ブログNo Comments » 

 

早くも1年・・・

久能のすんぷ夢ひろばに移転して、早くも1年が経ってしまいました。

今年1年を振り返り、何があったかなーと回想していこうと思います。

まず最初に行った大掛かりなものと言えば、すんぷ夢ひろばへの引越し作業でしょうか・・・

 

何が大変って我が社はそう、大量のスギ板を使う工務店なのでその移動がめちゃめちゃ大変でしたね。

みんな肩、腰、腕がパンパンで暫く腕が上がらない状態でした。

もう引越しはしたくない・・・多分みんなそう思ったはずです。間違いなく・・・

 

さて話は変わり、今年もいくつかの物件を手掛けさせていただきました。

 

 

ショウフ町地下の中華料理店 桜梅桃李

 

自家製醤と発酵中華 オウバイトウリ

 

 

厨房

 

 

客室

 

 

 

新築住宅T様邸

 

蔵をイメージしようと試みましたが、なんか違った

 

 

玄関建具も蔵にはなれなかった

 

 

障子は富士宮の柚野にある内藤さんが漉いた、手すき和紙を貼ってもらいました

 

 

デーンとトーヨーキッチン

 

 

坪単価が高いサンルーム(エアコン付き)

 

 

ロフトへつづく

 

 

 

夏ごろ

板倉の増築だったり

 

 

 

新築住宅S様邸とか

 

 

で、夏からはすんぷ夢ひろばショールームにて【すんぷDIY俱楽部】をオープンし、マイ箸造りも始めています。途中まで出来ているキットがあるので1時間ほどで完成します。

自分の箸を自分で作る、おじいちゃん、おばーちゃんへのプレゼントに・・と用途は様々です。

 

11月24日25日にはツインメッセ静岡で産業フェアがあり、箸造りのブースを出し大変好評いただきました。(笑)

子供さんが自分で使う箸を一生懸命カンナで削って作り、完成した箸を満足した笑みで持ち帰っていました。

 

 

 

 

その時、時間がなくて作れなかった方も安心してください。

弊社のDIY工房で作れるんです。

随時開催していますので温泉に来たついでに気軽に寄ってみてくださいね。

 

ショールーム

 

 

他にもショールームにはスギ板やヒノキの椅子、まな板も販売しています。

まな板はぁ  余り売れません。

格安なんですが。

でも売れません。(泣)・・・〇均のまな板にはない、本物の良さがあるんですけどねー (泣)

 

 

 

寒くなってからの別荘、新築住宅K様邸

 

HAKONE

 

 

リビングは本棚でいっぱい

 

 

さて、今年も(笑)あり、(泣)ありの繰り返し
ワンワン泣くのは今年限りにして、ただイノシシの鳴き声を知らないだけですが・・

いろいろありすぎた一年もあとわずかで終わろうとしています。

 

平成の年号も終わりになり、寂しい気もしますね。

今年は並外れた台風直撃で、静岡ではたくさんの被害が出ました。

屋根瓦が飛んだりとか、雨漏り、他にも修理に追われた台風被害。

ここ最近、今までにはなかった気候に見舞われることも増えてきました。

 

来年は想定外の出来事が起こらない一年であってほしいと願います。

 

では、皆様も健康で元気に来年をお迎えください。

最後に私<N>の来年の抱負・・・定期的にブログを更新  希望 いや、頑張ります。ガンバレ

ブログ作りに命をかけるNより・・・来年も宜しくお願い申し上げます。<N>

2018-12-28 | Posted in ブログNo Comments » 

 

不去来庵

 

いつも左官にお任せの漆喰ですが、先日、え~?っていう仕上を見てきました。

先日お誘いを受け静岡市葵区の両替町にある、両替町にありました不去来庵(ふきょらいあん)というお堂を見学させて頂きました。

 

大正4年に完成したこのお堂は、静岡大火や第二次世界大戦の戦火にも絶えた静岡市でも数少ない登録有形文化財です。

戦前の建物で焼失せず残っているのは、市役所本館・県庁本館・静銀本店が有名どころですね。

 

不去来庵は伊豆屋伝八のご先祖様が築いたお堂です。

伊豆屋伝八の11代目がお堂の説明をしてくださいました。

 

 

お堂は、間口4間半×奥行5間半の土蔵造り。

躯体の材はほとんどがケヤキです。

 

 

壁や扉が厚さ30cmの漆喰で出来ています。

厚さ30cmの扉はとにかく重くて簡単には動きません。

絶対に熱は伝わらないし、燃えることもないだろうと思いました。

 

 

回廊と外部の腰壁は伊豆石が積まれています。

第二次世界大戦で焼夷弾2発がお堂に落ちた際に、伊豆石からタールみたいなものが溶け出した跡が凄い熱だったことを想像させます。

 

自分は歴史というものにあまり興味がなく、過去のことダシっと私の人生では歴史をスルーしてきました。

ここでは私は場違いかな?なんてしばらくはそこでボケ~でした。

木造建築に関しては過去を知らなくてはいけないので、古代から木と人が生きていくうえで密接に生活にかかわってきたことは軽く理解しています。

ほとんど安藤先生に教わったことですけど。

 

で、唯一興味を持ったものは壁

お堂に入ってすぐに壁に違和感を感じたので、近寄ってみると漆喰の壁がクリヤー塗装した様にピカピカに光っています。

 

 

 

なんだろ・・・・と、眺めていると11代目の奥様からご説明があり、素手で左官さんがずっと磨いて仕上げたそうです。

 

ネットで検索したら、結構左官の皆さん素手で磨いていますね。

手、ガサガサにならないのかな?

こんな仕上げ、全く知りませんでした。

 

住宅でやったらペンキですか~って言われそうですが、次のお宅で勝手に磨いてみます。

ただ、漆喰のクールなサラっとした表情がなくなってしまうのが、夏は暑苦しく感じるだろうなと、いま思いました。

 

2017-10-17 | Posted in ブログNo Comments » 

 

ツリ具とキャンプ用品専用小屋

 

お庭に、別荘いかがでしょうか?

世間は小屋ブームらしいです。

こちらは、釣り道具とキャンプ用品の置き場が必要になりましたので3坪の小屋を造ることになりました。

 

ブロック基礎とヒノキの土台

 

午前中に屋根までできちゃいます

 

2日目にはサッシも入り雨仕舞完成

 

風が強いところなので、ブロック基礎ですが建物と緊結します。

この時点でザンネンですが、固定資産税が発生するでしょう物件となります。

でも台風で飛ばされて迷惑かけるより、安心安全をとりました。

 

いくらでも棚は付けられます

 

床は30mm厚のスギ本実板、赤身なので湿気に強い

 

土間も3帖あるのでせいせい自転車が置けます

 

写真で見ると倉庫じゃもったいないと思いますが、夏はプライベートサウナとしてしか使えません。

冬は、普通に寒いかな。

居心地よくするには、プラス15万円でスタイロフォーム断熱とエアコンを付ける。

もっと居心地よくするには、プラス20万円で板倉にしてしまえば完璧。

 

外壁はSGL鋼板角波 色はレッドブラウン

 

こちらの小屋は税込み120万円でつくりました。

土台はヒノキ、柱と梁桁はスギでオール4寸角仕様で長ホズ込み栓。

屋根はSGL小波、外壁はSGL角波とスギ板張りでしばらくはノーメンテ。

自転車も入れるので半分は土間、コンセントと照明もついています。

小屋といっても仕様は住宅と同じ、長持ちするでしょう。

 

少し大きくして水回りがあれば、別荘になるねーなんて話していました。

伊豆の古い別荘がかなり安く売っていますので、既存を壊してこんな小屋みたいな別荘もいいなと思います。

中古住宅なら上下水関係は敷地内に来ているだろうし、500万円くらいで別荘がもてるかも。

2017-07-31 | Posted in ブログNo Comments »