建て方の工程

土台据付

土台据付
土台にはシロアリを寄せ付けず頑丈で湿気に強い自然乾燥のヒノキを使います。太い丸太を挽き、赤身の多い高価な土台を使います。防虫防蟻処理は行っていませんが、全く白アリが入ることはありません。

サンメンゴム

サンメンゴム
基礎と土台の間には基礎パッキンが入ります。実績のあるサンメンゴムを土台下場に打ち付けていきます。サンメンゴムの免震・防蟻・通気の実証と長年の合成ゴムの実績から、ケンセイホームはこれを使い続けています。

柱立て

柱立て
基礎に固定されたヒノキの土台に、ヒノキの柱を立てていきます。ヒノキの鴨居や敷居、窓マグサ(窓の枠)も同時に組んでいきます。 窓の枠も、柱と同じ12cm角ヒノキを使います。

長ほぞ

長ほぞ
プレカットの木材加工では通常、柱のホゾの長さはは4.5~9cmくらいしか加工できません。ホゾは長いほうがいいのは誰でもご承知でしょう。建て方の時、土台に置くだけの柱を金物で固定してもあまり頼りにできません。ケンセイホームの建て方では11.5cmの長ほぞが深く土台に打ち込まれます。

込み栓

込み栓
柱や束、鴨居など引抜の力がかかるところには、カシの木の込み栓を打ち込みます。告示での強度は<ろ>と、込み栓はあまり信用されていない立場です。施工方法のばらつき(大工の技術)も信用されていないような気がします。実際、ビス固定の金物と、込み栓の引き抜き比較試験を見てしまうと、込み栓に頼るほうが安心だと思いました。

板倉落し込み

板倉パネル落し込み
立てた柱と柱の間に、厚さ3cmのスギ板パネルを落とし込みま壁を造っていきます。 スギ板をパネルにすることで建て方の制度と工期短縮が出来るようになりました。

梁組み

梁組み
躯体の必要性と施主のご希望に応じ太鼓梁を掛けたりもしています。必要な箇所にはボルトを使い、確実に通し柱や梁同士を引き寄せて固定していきます。羽子板ボルトは強度と見た目から使用しないので、天井の仕上がりは金物が見えなくスッキリ仕上がります。

追かけ大栓継ぎ

追かけ大栓継ぎ
昔からある土台や桁梁の継ぎ手のひとつで、ねじれ・引抜・せん断に強い組み方です。 板倉造りの家では、継ぎ手も見えてしまいますので大工さんの丁寧さと精度が求められます。一般の方はほとんど気が付きませんが、こんなところに時間をかけています。

小屋組み

小屋組み
1階同様に柱を立て板倉パネルを落としこみ、2階の間仕切り壁を造り梁を組みます。小屋束を立てお神酒を施主にしてもらい、棟を納めます。三角の小屋パネルを落とし込み、垂木を並べ固定していきます。12cm角のスギの垂木は、瓦が乗っても全く不安を感じません。

野地板

野地板
垂木の上に板倉の壁と同じ3cmのスギ板を垂木に3寸釘で打ち付けていきます。さらに1.5~3cmのスギ板を重ね断熱性能を高めます。

木摺・断熱

木摺・断熱
厚さ3cmの板倉パネルの外側に厚さ2.6cmのスギ木摺を外部全面に張っていきます。この構造で、耐力壁認定と防火構造認定を取得しています。スギでの試験で認定が取れているので、断熱・遮熱性能も数字化されることを期待します。

建て方完成

建て方完成
30坪位の家では、3日間位で建て方は完成します。「板倉造りの家」は建て方が終わると壁もでき、空間のイメージが早期にわかるので再度仕上や使い勝手を再検討することが出来ます。

2017-04-06 | Posted in 板倉の家とはNo Comments » 

関連記事