木の家

 

ほとんどの人は「家は木で出来ている」 そう思っているのではないでしょうか。身近に山を感じて生活をおくる日本人は、身近な山の木を使って建てた家に住むことがごく自然のことだったと思います

国や文化によって住まいの造り方はさまざまですが、日本の住まいは木で造るのが一番いいのではないかと私は思っています。

生活の中でも食品や衣類、家具までも自然志向になりました。住まいや暮らし方も同じように変わってきたようです。

一日の中で一番長くすごす住まいは、自然の素材で造りたいと考えています。

建築で使われる材料も、自然素材と名のついたものがたくさん出来ました。ですが、自然の素材が入っている工業製品のような物もあります。ほとんどが、そうなってしまったような気がします。

自然の物は、出来るだけそのままを使って上げられたらと思います。

ケンセイホームは「落としこみ板壁構法」という伝統構法で家を造ります。柱や梁などの構造材はすべて自然乾燥のスギ・ヒノキを組み合わせて建てていきます。壁も床も天井もすべて無垢材(自然のまま)です。

静岡の気候であれば、厚いスギ板が断熱材の代わりをしてくれます。寒いところでは断熱材も必要になるでしょうが、湿度を透過できないものは日本の家には向いていないと思います。

湿度を調節してくれる断熱材は、スギ板がいちばんだと私は思います。

「板倉造りの家」は冬暖かく、夏は涼しく、梅雨時はじめじめしません、本当に快適です。自然のままなので、うそもつきません。構造体が現しになっているので、虫害や地震の後の躯体の確認が容易にできます。

「板倉造りの家」は、すべて無垢材で造る高調湿・高断熱の住む人に安全で健康な住まいです。

木で囲まれた空間で自身の五感で感じ、住み心地のよさを一生楽しんでほしいです

2017-04-08 | Posted in 板倉に住むNo Comments » 

関連記事