エアコン選び

 

スギの板にゆっくりと手のひらを近づけていくと、やんわり暖かく感じます。これが石膏ボードやコンクリートでは手のひらの温かさを感じることができません。

冬場に裸足で歩けるスギの床はそのものに熱があるわけでなく、体の表面温度を反射してくれるので足の裏が暖かく感じるのです。

このスギが持つ遮熱性能のおかげは、夏のエアコンの効きの速さで実感しています。夏、リビングでエアコンを入れると2,3分もたたずにスーッと涼しくなります。

ウソではありません、これには本当に感心します。

我が家は普通のペアガラスですが、遮熱ガラスや断熱ガラスを使っているお宅では28~29℃の超微風の設定で乗り切れます。

板倉の家で使うエアコンはワンサイズ小さいものでOKです。

大は小を兼ねないエアコンがあるので能力(冷房0.4kw~3.4kwとか書いている)の比較は各メーカーの仕様で確認しておいたほうがいいです。我が家は日立のエアコンで、0.4kwと超微風運転ができるので冷えすぎず、スギの部屋にはいいエアコンです。パナソニックは0.5kw、三菱は0.8kwとちょっと強すぎに思えますね。

28℃設定だとちょっと肌寒く感じ、29℃設定だと急にモワァ~とした空気になったりするエアコンもあります。寒かったり暑かったりエアコンのせいで寝不足にならないように微風の得意な機種にしましょう。板倉の家でなくても同じか。

板倉に住むお客さんは、エアコン嫌いの方が多いですが、毎年のように暑さが増しているのであまり我慢をしないでください。

 

2017-06-24 | Posted in 板倉に住むNo Comments » 

関連記事